FC2ブログ
品川区の美容室ブログです☆
美容室好きな人集まれ??!!<着付け・エクステ・ドレッド・縮毛矯正・ストレート・カラー・パーマ・カット・アップ・シャンプー・トリートメント>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


美容室検索大好き
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
美容室の検索なら『www.po-oq.com』で!!
http://www.po-oq.com/
いますぐアクセス!!!!!!
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

『世界の中心で、愛をさけぶ』『春の雪』など、大ヒット映画を世に送り出してきた行定勲監督が、初心に戻り完成させた、最新作『ユビサキから世界を』が、異例の無料上映会という形態で、7月25日(火)から名古屋を皮切りにスタート。全国8都市を周り、8月28日(月)から30日(水)にいよいよ東京でラストを飾る。なぜ大作を贈りだしてきた行定監督が今、無料上映なのか? それは「平成生まれの女子高生たちに見て欲しい」という想いから生まれたアイディアだった。

映画の企画は、女子高生に絶大な人気を誇るアンダーグラフの新曲「ユビサキから世界を」を題材にした映像の演出を、ダメ元で行定監督に依頼したことから始まる。行定監督は、『セカチュー』『春の雪』と大作が続き、もっと自由に、縛られずに映画が作りたいと切望していたときに舞い込んだ話だった。歌詞にインスパイアされた行定監督は、一晩で脚本を書き上げ、映画化することに。ストーリーは、地方都市を舞台に、希望のない日々に嫌気をさし、虚無感から集団自殺の計画を立てる女子高生たちの青春群像劇。高校生の出演者はすべてオーディションで決まった期待の若手女優で、アンダーグラフのメンバーも出演している。『セカチュー』で女子高生のピュアな純愛と死に直面したときのまぶしいほどの生命力を魅せてくれた行定監督が、同じ女子高生を主人公に、“指先の先”にどんな希望の光を見せてくれるのか、今から楽しみな作品だ。

早く見たい???☆
スポンサーサイト




Copyright © 品川区の美容室ブログです☆. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。